エンタープライズシステム クラウド活用の教科書 ~スピードが活きる組織・開発チーム・エンジニア環境の作り方 によって 南 大輔 ダウンロード無料のPDF

エンタープライズシステム クラウド活用の教科書 ~スピードが活きる組織・開発チーム・エンジニア環境の作り方

05/23/2020 09:55:42, Kindleストア, 南 大輔


エンタープライズシステム クラウド活用の教科書 ~スピードが活きる組織・開発チーム・エンジニア環境の作り方 は 南 大輔 によって作成されました 各コピー2905で販売されました. Le livre publié par manufacturer. Il contient 374 pages et classé dans le genre genre. Ce livre a une bonne réponse du lecteur, il a la cote 4.9 des lecteurs 8. Inscrivez-vous maintenant pour accéder à des milliers de livres disponibles pour téléchargement gratuit. L'inscription était gratuite.

平均的な顧客フィードバック : 4.9 5つ星のうち(8人の読者)
ファイルサイズ : 18.26 MB

エンタープライズシステム クラウド活用の教科書 ~スピードが活きる組織・開発チーム・エンジニア環境の作り方 によって 南 大輔 ダウンロード無料のPDF - (概要)労働人口の減少をITシステムの活用による生産性の向上で補う傾向は今後も続く。それを補うため、現在各社はさまざまな手段で業務システムの効率化を模索している。クラウドに移行し、スピーディーにサービスを立ち上げることもそのひとつだが、いざやるとなると純粋に技術面以外での障害も多い。本書は、銀行システムという、基幹系のなかの基幹系システムのクラウド化を現在進行系で推し進める著者が、これまでに直面し、克服してきたクラウド化に際しての課題や解決策を解説する。技術的な側面だけでなく、体制づくりからマネジメントで気をつけるべきこと、個々のエンジニアの環境づくりまで指針を示す。(こんな方におすすめ)・基幹業務系システムの開発に携わるエンジニア・大規模、基幹系システムでのクラウド活用に興味のあるエンジニア全般(目次)1章 エンタープライズ環境もクラウドに移行する時代がやってきた  1-1 クラウド移行の真の目的  1-2 クラウドであれば本当はどこでもいい  1-3 AWSを理解する  1-4 クラウドとオンプレのコスト比較2章 インフラサービス提供という概念を徹底する  2-1 顧客志向、ゲスト志向が最も重要  2-2 リスクを取るサービス設計の進め方  2-3 マニュアルは極力作成しない3章 開発プロセスを見直す  3-1 アジャイルやDevOpsが目的ではない  3-2 べき等の概念を徹底する  3-3 テスト戦略  3-4 パイプラインの考え方4章 組織を考えて自動化ツールの管理体系を検討する  4-1 そもそもどういう利用者がいるか?  4-2 社内にどういうID情報・権限情報があるのかをよく把握する  4-3 IDの統一的な管理方法5章 情報共有のあり方  5-1 価値を生む情報  5-2 情報共有のやり方  5-3 情報共有のマインド6章 スピード型エンジニアとしての素養  6-1 クラウド時代に求められる技術を磨く  6-2 日本特有のSIerのクラウド対応  6-3 ユーザー企業のクラウド対応7章 Infrastructure as Codeの進め方  7-1 ソースとバイナリの考え方  7-2 どこからやるべきか?  7-3 まずはスクラムを組んではじめてみる  7-4 重要なのはスピードを維持すること  7-5 組織的対応には自発的に動くことが最も重要8章 スピードを支えるツール環境を準備する  8-1 ツールにはOSSを選択する  8-2 クラウド構築の自動化に必要なツールと整備の優先順位  8-3 エンタープライズの環境で必要になるツール9章 クラウド利用でのセキュリティ設計  9-1 オンプレとクラウドとの違い  9-2 だれをどこまで信用するか  9-3 AWSでのセキュリティの整理  9-4 セキュリティチェックの方法10章 結局重視すべきは運用と保守  10-1 エンタープライズとして必要な運用機能  10-2 バージョンアップとメンテナンス  10-3 トラブル対応は極力自動で行う11章 AWSをエンタープライズのシステムで使いこなすコツ  11-1 AWSのリソース獲得の特性  11-2 クラウドに必要な可用性  11-3 性能問題を単純化できるように考える12章 ないものは作る  12-1 EC2が本丸  12-2 外部アクセスの遮断  12-3 AWS環境のメタ情報を蓄積13章 AWSからの撤退  13-1 撤退が簡単な領域  13-2 撤退が難しい領域  13-3 撤退先の選定以下は、エンタープライズシステム クラウド活用の教科書 ~スピードが活きる組織・開発チーム・エンジニア環境の作り方に関する最も有用なレビューの一部です。 この本を購入する/読むことを決定する前にこれを検討することができます。
クラウドサービスの導入に向けたノウハウが分かりやすく記載されていました。AWSが提供する各サービスには様々なリファレンスがあるため、開発障壁はさほど高くありません。しかし、企業としてAWS利用するとなると様々な検討ポイント(セキュリティ、組織、権限、設計…)があり一筋縄ではいかないのが実情です。本書は管理者の視点で、クラウド導入時の検討ポイントに対する一つの解を示してくれています。仕事の関係でいくつかの会社でのAWS導入パターンを知っていますが、本書の内容は実践的で頷ける部分が多いです。AWSに限らずクラウド導入を検討中の情シス/管理者の方は、社内導入前に読むことで、手戻りなく、ユーザ利便性の高いサービス提供が可能になると思います。

エンタープライズシステム クラウド活用の教科書 ~スピードが活きる組織・開発チーム・エンジニア環境の作り方の表紙

によって

4.9 5つ星のうち 8 人の読者

ファイル名 : エンタープライズシステム-クラウド活用の教科書-スピードが活きる組織-開発チーム-エンジニア環境の作り方.pdf